データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2016年競馬予想・回顧 > 【2016菊花賞】予想~過去10年のデータ分析と秋華賞の回顧

【2016菊花賞】予想~過去10年のデータ分析と秋華賞の回顧

 

こんにちは、データ予想班です。

本日は2016菊花賞のデータ分析を中心とした予想と、先日行われた秋華賞の結果報告やレース回顧について書きます。

ダービー馬マカヒキの凱旋門賞惨敗や2歳王者リオンディーズの引退など3歳馬の残念なニュースがありましたが、それだけに菊花賞に出走するこの2頭には注目が集まります。

菊花賞馬のディーマジェスティとダービー2着のサトノダイヤモンドです。

3歳馬のキャリア初のなる3000mを攻略すべく、データ予想班は過去10年のデータから馬券予想のヒントを探っていきます。

 

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%ab

2014菊花賞をレコード勝ちで制したトーホージャッカル

 

菊花賞 過去10年のデータ

 

人気

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 4-1-2-3 40.0% 50.0% 70.0% 81 96
2番人気 0-3-0-7 0.0% 30.0% 30.0% 0 50
3番人気 1-0-3-6 10.0% 10.0% 40.0% 69 105
4番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0% 84 49
5番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0% 134 102
6番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0% 0 75
7番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0% 232 193
8番人気 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0% 634 136
9番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0% 0 65
10番~ 0-1-1-88 0.0% 1.1% 2.2% 0 22

 

1番人気が圧倒的に有利な傾向で回収率も悪くありません。

また、2~8番人気が拮抗しているのも珍しい傾向です。

10番人気以下は殆ど馬券に絡まず大荒れ傾向はありません。

 

 

枠順

 

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1枠 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0% 137 103
2枠 2-2-1-15 10.0% 20.0% 25.0% 75 73
3枠 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0% 116 67
4枠 0-0-0-20 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
5枠 1-1-2-16 5.0% 10.0% 20.0% 42 59
6枠 0-2-2-16 0.0% 10.0% 20.0% 0 103
7枠 2-3-1-24 6.7% 16.7% 20.0% 17 43
8枠 1-1-1-27 3.3% 6.7% 10.0% 147 42

 

回収率から考えると内枠有利と言えるでしょう。

7枠は人気馬が勝った結果であり、8枠は2006年のソングオブウィンド(単勝オッズ44.2倍)の影響が大きく勝率は最低です。

合計6つのコーナーを通過するので、いかに内目をロスなく走るかがポイントだと思います。

 

 

脚質

 

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
逃げ 0-0-2-12 0.0% 0.0% 14.3% 0 38
先行 7-3-3-21 20.6% 29.4% 38.2% 189 142
中団 2-5-4-67 2.6% 9.0% 14.1% 73 52
後方 0-2-1-49 0.0% 3.8% 5.8% 0 22
マクリ 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0% 70 55

 

秋華賞と違い菊花賞は外回りコースですが、それでも明らかに先行有利です。

4コーナで10番手以下の複勝率は6%で、直線だけで差し切ることはほぼ不可能だと考えるべきでしょう。

あのディープインパクトでさえも菊花賞では16頭中7番手を追走しています。

最初のコーナまでは約200mと短く、序盤のポジショ争いはポイントですね。

 

 

前走レース

 

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
神戸新聞杯 8-7-5-50 11.4% 21.4% 28.6% 129 88
セントライト 1-2-2-43 2.1% 6.3% 10.4% 27 35
その他 1-1-3-57 1.6% 3.2% 8.1% 30 46

 

神戸新聞杯組が圧倒的に多く馬券にからんでおりセントライト記念組を大きくリードしています。

このデータがそのまま関西馬優勢のデータにもなっており、関東馬は過去10年で【0-0-2-42】と大苦戦。

皐月賞馬のディーマジェスティには厳しいデータで、先日の秋華賞のビッシュもそうですが、関西への輸送もカギになってくると思います。

 

 

本日は菊花賞の過去10年のデータから人気、枠順、脚質、前走レースに注目してみました。

枠順確定前ですが、もし内枠を引いたら面白いなと思っている注目馬を1頭発表します。

 

注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

データ通り神戸新聞杯組からのチョイスです。

もともと加速力は無く徐々にスピードを上げていくタイプなので、前走ラストの直線でやや詰まったのは痛かったですね。

2600mを勝っていることから距離は問題なく、欲を言えばもう少し前目で競馬ができれば。

正直、サトノダイヤモンドとは確固たる実力差が存在しますが3着までなら可能性はあると思います。

最終結論は枠順確定後です。

 

 

2016秋華賞 回顧

 

データ予想班の軸馬は、内枠で持久力に長けているパールコードでした。

相手はジュエラーカイザーバルで、ワイド2点勝負で2950円的中です。

 

レースは1000m通過が59.9秒と想定していたよりも遅く、カイザーバルが掛かったこともあり4~5Fにかけて若干ペースが上がるものの、再度12秒台に落ちる変則的なラップでした。

結果的にカイザーバルは掛かったことが幸いし4コーナーでは絶好のポジションへ。

そのすぐ後ろにパールコードが控えて、この2頭が馬券に絡む理想な展開でした。

パールコードはもう少しペースを上げて後続に脚を使わせて粘り込む展開を予想しておりましたが、キャリア最速の上り33.8秒の脚を使えたことは収穫ではないでしょうか。

やはり京都の内回りということで、人気していたビッシュジュエラーはポジション取りが全てだった気がします。

過去10年のデータでも4コーナーを10番手以下で通過した勝ち馬は【0-6-4-75】です。

ビッシュのコーナー通過順が13-15-10-10、ジュエラーは10-9-11-10で、これでは前に届きません。

ビッシュは初の輸送もあり負け過ぎな感じは否めませんが、ジュエラーがあの位置から差し切るには33秒前半の使うしかありませんね。

2頭ともに舞台設定が変われば狙える馬であることは確かなので、次走に注目したいと思います。

勝ったヴィブロスはメンバー最速の脚を使い、トップスピードは世代最高レベルと考えてよいと思います。

福永騎手もスプリンターズSの汚名返上ができて何よりで、3番人気で気負わずに乗れたことも勝因の一つでしょうか。

良い流に乗って菊花賞も頑張ります!

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。