データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2017年競馬予想 > 【2017ジャパンカップ】予想~過去10年のデータ分析

【2017ジャパンカップ】予想~過去10年のデータ分析

 

本日は2017ジャパンカップのデータ分析をします。

極悪馬場の天皇賞を制し、年内で引退のキタサンブラックに注目が集まっているレースですが、

その天皇賞組vs京都大賞典組vs海外馬+レイデオロという構図ですね。

近年、海外からの参戦馬のレベル低下により、天皇賞・秋の再戦のような雰囲気を感じますが、

非常に楽しみな一戦であることは確かです。

さっそく、過去10年のデータ分析によって馬券予想のヒントを探ります。

 

ジャパンカップ

 

 

ジャパンカップ 過去10年のデータ分析

 

 

人気別データ

人気 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 3-3-2-2 30.0% 80.0% 95 101
2番人気 1-1-2-6 10.0% 40.0% 34 58
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 66 49
4番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 269 92
5番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 109 53
6番人気 0-1-3-6 0.0% 40.0% 0 143
7番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 0 89
8番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0% 0 53
9番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 410 71
10番~ 0-0-2-82 0.0% 2.4% 0 34

 

馬券圏内の30頭のうち20頭が1~5番人気で上位人気馬が優勢です。

勝ち馬10頭のうち8頭が単勝一桁台ということで、無闇な穴狙いは危険でしょう。

今年行われた東京芝2400mにおける計26レースのデータで、

1番人気の複勝率は76.9%、二桁人気の複勝率は2.8%ということから、

力量の差が顕著に表れるコースということが分かります。

現時点での登録馬の予想オッズは以下です。

 

人気 馬名 予想オッズ
1 キタサンブラック 2.2
2 レイデオロ 3.0
3 サトノクラウン 6.2
4 ソウルスターリング 10.6
5 シュヴァルグラン 11.5
6 マカヒキ 12.3
7 レインボーライン 32.1
8 シャケトラ 38.2
9 サウンズオブアース 45.5
10 アイダホ 57.8

 

宝塚記念9着から復活を遂げたキタサンブラックが堂々の1番人気。

当日は更にオッズが低くなることもあるでしょう。

ダービー、神戸新聞杯を連勝中の3歳馬レイデオロは古馬との初対戦。

サトノクラウンは高速馬場への対応がカギになりそうです。

ソウルスターリングは古馬G1では差の感じる1頭であり、

上位人気馬に不安が全くないわけではありませんね。

 

 

年齢別データ

年齢 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
3歳 2-2-2-24 6.7% 20.0% 51 60
4歳 6-3-3-41 11.3% 22.6% 143 51
5歳 2-4-3-35 4.5% 20.5% 15 54
6歳 0-1-0-24 0.0% 4.0% 0 7
7歳 0-0-2-12 0.0% 14.3% 0 205
8歳 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0 0

 

馬券圏内30頭のうち27頭が3~5歳馬です。

4歳馬の単勝回収率が高いのは2008年のスクリーンヒーロー(単勝41倍)の影響によるもの。

6歳以上には非常に厳しいデータであり、今回は以下の5頭が該当します。

 

サウンズオブアース(牡6)

ディサイファ(牡8)

ブームタイム(牡6)

ラストインパクト(牡7)

ワンアンドオンリー(牡6)

 

 

前走レース別データ

前走レース名 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
天皇賞秋 6-6-7-44 9.5% 30.2% 60 101
京都大賞典 1-1-0-11 7.7% 15.4% 29 33
アルゼンチン共和国杯 1-0-1-11 7.7% 15.4% 315 80
秋華賞 1-0-1-2 25.0% 50.0% 165 107
菊花賞 1-0-0-9 10.0% 10.0% 88 20
凱旋門賞 0-2-1-10 0.0% 23.1% 0 74
エリザベス女王杯 0-1-0-4 0.0% 20.0% 0 102
その他 0-0-0-53 0.0% 0.0% 0 0

 

天皇賞秋組の好走が目立ちますね。

但し、天皇賞秋の1着馬は【0-2-4-1】で複勝率は高いものの未勝利

中距離G1を連戦して両方とも勝つのは非常にタフだということです。

また、今年の天皇賞秋の馬場は、特殊と言われるほどの超不良馬場でのレースであり、

参考外として考えることもできます。

キタサンブラックはサブチャンこと北島三郎が馬主だけあって、

普段馬券を買わないファン層の支持を集めやすいことを考えれば、

ここはキタサンブラックの2、3着を想定しても面白そうです。

強いのは間違いないんですけどね。

 

 

以上、ジャパンカップの過去10年のデータ分析でした。

外国からの遠征馬は2006年のウィジャボード(3着)を最後に例がなく、

今年もその傾向は変わらないと見ております。

凱旋門賞のサトノダイヤモンドを見てもそうですが、外国と日本の馬場は別物。

今年になって急にこの傾向が変わることは考えづらい。

そこで、外国からの遠征馬と6歳以上の馬を除いた以下の9頭で考えます。

 

キタサンブラック

サトノクラウン

シャケトラ

シュヴァルグラン

ソウルスターリング

マカヒキ

ヤマカツエース

レイデオロ

レインボーライン

 

 

データ予想班の現時点での推奨馬はこの馬です。

 

推奨馬 → 人気ブログランキングへ

 

週中に雨が降りそうなので、芝の状態が気になるところですが。

良馬場で芝の状態が良ければ、この馬にとってベストの条件です。

近走の着順から過小評価されるでしょうから、ここは買い。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。