データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2016年競馬予想 > 【2016年日本ダービー】予想~枠順のデータ分析

【2016年日本ダービー】予想~枠順のデータ分析

 

2016年日本ダービーの予想と過去のデータ分析を行いたいと思います。

 

今週は競馬のことばかり考えすぎていて、ついに昨夜はサラブレッドに乗って疾走する夢を見る始末です。

 

今年の日本ダービーは史上最高メンバーと評判も高く、非常にワクワクします!

 

皐月賞馬のディーマジェスティの二冠達成か?

 

サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズのリベンジか?

 

それとも番狂わせが起きるのか?

 

2013年に生まれた6913頭のサラブレッドの頂点に立つのはどの馬か?

 

本日は過去10年のデータ分析を中心に予想していきたいと思います!

 

 

まず、予想に入る前に枠順の発表から

 

1 ディーマジェスティ

2 マイネルハニー

3 マカヒキ

4 レインボーライン

5 エアスピネル

6 アグネスフォルテ

7 ロードクエスト

8 サトノダイヤモンド

9 マウントロブソン

10 スマートオーディン

11 アジュールローズ

12 リオンディーズ

13 レッドエルディスト

14 ヴァンキッシュラン

15 イモータル

16 ブレイズスマッシュ

17 プロフェット

18 プロディガルサン

 

人気どころが比較的内に集まった感じですね。

 

これがレースにどう影響するのか、早速過去の枠順データを分析して行きたいと思います。

 

 

日本ダービー過去10年のデータ分析(枠順)

 

 

枠順と勝率(単勝回収率)

 

1枠 【6.2.0.12】 30%(277%)

2枠 【1.0.3.16】 5.0%(52%)

3枠 【1.1.0.18】 5.0%(15%)

4枠 【0.2.2.15】 0.0%(0.0%)

5枠 【1.1.1.17】 5.0%(42%)

6枠 【0.2.1.17】 0.0%(0%)

7枠 【1.1.3.25】 3.3%(6%)

8枠 【0.1.0.28】 0.0%(0%)

 

一目瞭然、1枠は勝率・単勝回収率ともにトップ。8枠は絶望的です。

 

そして6勝している1枠の脚質は以下です。

 

逃げ 【0.0.0.0】

先行 【2.0.0.2】

中団 【2.1.0.6】

追込 【2.1.0.4】

 

脚質に関係なく1枠が有利であることも分かります。

 

キズナ

 

 

ちなみに1枠有利の傾向は日本ダービーに限ってのことなのでしょうか?

 

過去10年における東京芝2400メートル全レースのデータを調べてみました。

 

枠順と勝率(単勝回収率)

 

1枠 【30.26.20.229】 9.8%(87%)

2枠 【38.18.30.239】 11.7%(155%)

3枠 【26.20.26.272】 7.6%(73%)

4枠 【22.20.22.297】 6.1%(51%)

5枠 【31.38.31.282】 8.1%(42%)

6枠 【18.24.29.324】 4.5%(35%)

7枠 【23.35.34.368】 5.0%(33%)

8枠 【30.30.27.385】 6.4%(47%)

※データは2007年5月22日~2016年5月22日

 

やはり内枠有利。2枠は勝率、単勝回収率ともにトップ!

 

特に、良馬場に限定すると2枠は勝率12.4%、単勝回収率は164%までアップします。

 

ここで注目したいのは、確かに内枠は有利だが、特別に8枠だけが不利ではないということです。

 

 

 

以上のことを考慮すると、今回はディーマジェスティ、マカヒキはかなり有利になったことは確かです。

 

そして、過去10年で全敗の6枠を引いたリオンディーズですが、

 

この馬の過去4戦の枠が 8枠 8枠 7枠 8枠 ということを考えれば

 

それほど悲観する枠順ではないような気がします。

 

サトノダイヤモンドにおいても同様なことが言えると思います。

 

 

 

以上、どの馬も枠順によって力が発揮できないということはないでしょう。

 

まかり間違っても大荒れのレースになる可能性はほとんど無いと思います。

 

現時点で最も1着の可能性が高いのはディーマジェスティでしょう。

 

前走の皐月賞で、今回同じ内枠のマカヒキに1馬身以上の差をつけた競馬は圧巻です。

 

展開が向いたのは事実ですが、展開だけで勝てるほど甘いものではないと思います。

 

ただし、1着~3着まで順当に決まるとも考えておりません。

 

3着あたりに穴を狙って3連単をゲットすることも大いに有りだと思います。

 

 

 

枠順から考える、その穴馬とは???

 

 

 

穴馬 → 人気ブログランキングへ

 

上記に東京芝2400メートルの過去10年の勝率と単勝回収率が有りますが、

 

実は2枠は複勝回収率も105%で最も高いのです。

 

2014年の日本ダービーで3着のマイネルフロスト(12人気)は、

 

まだ記憶に新しいかもしれませんね。

 

昨年のダービーにおいても2枠のコメート(16人気)が5着と健闘しています。

 

3連単で3着固定の変則的な馬券を狙うのも面白いと思います。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。