データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2017年競馬予想 > 【2017関屋記念】予想~過去10年のデータ分析 | 5歳馬の取捨選択はあのデータから

【2017関屋記念】予想~過去10年のデータ分析 | 5歳馬の取捨選択はあのデータから

 

こんにちは、データ予想班です。

本日は2017関屋記念の予想記事を書きます。

サマーマイルシリーズの第2戦ですが、第1戦の中京記念をレコードで制したウインガニオンが出走予定で人気を集めいていますね。

他にもヤングマンパワーロードクエストなど、G1では結果が残せていないものの実力は確かな好メンバーが集まり非常に楽しみな一戦です。

データ予想班では、過去10年のデータ分析によって馬券予想のヒントを探っていきます。

 

ヤングマンパワー.php

昨年の優勝馬 ヤングマンパワー

 

 

関屋記念 過去10年のデータ分析

 

 

上位人気が拮抗 大荒れは無し

 

人気別データ

人気 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 3-3-1-3 30.0% 70.0% 92 108
2番人気 2-2-0-6 20.0% 40.0% 94 73
3番人気 1-1-2-6 10.0% 40.0% 61 100
4番人気 3-0-0-7 30.0% 30.0% 278 85
5番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 0 50
6番人気 1-1-1-7 10.0% 30.0% 146 115
7番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 0 38
8番人気 0-0-2-8 0.0% 20.0% 0 70
9番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0% 0 67
10番人気 0-0-3-67 0.0% 4.3% 0 29

 

馬券圏内30頭のうち20頭が5番人気以内の馬で、勝利馬は全て4番人気以内です。

上位人気が好走する傾向にあり、二桁人気馬の複勝率は4%程度で、大荒れは期待できない傾向

3連単の配当が最も高かったのは2010年のレースで13万640円です。

目安としては、単勝オッズが30倍以上の馬は【0-0-1-64】で壊滅状態。

現時点での予想オッズは以下です。

 

人気 馬名 予想オッズ
1 ウインガニオン 4.4
2 メートルダール 4.7
3 ロードクエスト 5.6
4 ブラックムーン 6.2
5 ヤングマンパワー 6.5
6 ダノンプラチナ 8.6
7 ダノンリバティ 11.1
8 マイネルハニー 17.6
9 マルターズアポジー 20.2
10 クラリティスカイ 35.5
11 オールザゴー 38.9
12 ウキヨノカゼ 40.4
13 トーセンデューク 90.4
14 ロサギガンティア 123.9
15 レッドレイヴン 165.8
16 ショウナンバッハ 213.9
17 ムーンエクスプレス 447.0

 

 

4歳馬の好走率が高い

 

年齢別データ

年齢 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
3歳 0-0-2-6 0.0% 25.0% 0 127
4歳 3-4-1-10 16.7% 44.4% 75 88
5歳 4-5-3-49 6.6% 19.7% 52 51
6歳 2-1-2-38 4.7% 11.6% 31 49
7歳 1-0-2-18 4.8% 14.3% 37 58
8歳 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0 0

 

出走頭数が少ないものの、複勝率が4割を超えるなど4歳馬の好走が目立ちます。

3番人気以内に支持された4歳馬【3-3-1-1】と信頼度は高い。

今回のメンバーで4歳馬は以下の3頭です。

 

マイネルハニー

メートルダール

ロードクエスト

 

いずれの馬も重賞での好走歴があり、データ的には買いと言ってよいでしょう。

 

問題は出走頭数の多い5歳馬の取捨選択です。

これは意外にも前走着順がポイントで、5歳馬の馬券圏内12頭のうち9頭が”前走6着以下”というデータがあります。

前走で好走しなかった馬の方が結果を出しており、今回このデータに該当するのは以下の4頭です。

 

クラリティスカイ

マルターズアポジー

ムーンエクスプレス

ヤングマンパワー

(微妙なのがダノンリバティで前走5着)

 

5歳馬で前走1着馬は【0-0-0-7】で、ウインガニオンはデータ的には消しなのかと言えば、そうとも言えません。

というのは7頭のうち6頭は前走OPEN特別以下であり、中京記念1着からの参戦はサンプル数が少なすぎるためです。

上位人気馬の好走例が多い以上、安易にウインガニオンを切ることはオススメできません。

 

 

穴馬は外枠から

 

枠番別成績

枠番 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 1-0-1-15 5.9% 11.8% 45 31
2枠 0-1-1-15 0.0% 11.8% 0 29
3枠 1-0-0-16 5.9% 5.9% 25 11
4枠 0-2-1-14 0.0% 17.6% 0 40
5枠 0-1-4-15 0.0% 25.0% 0 93
6枠 0-2-0-18 0.0% 10.0% 0 26
7枠 4-1-2-19 15.4% 26.9% 105 101
8枠 4-3-1-18 15.4% 30.8% 105 83

 

回収率に注目していただきたい。

一見、外枠が有利のように見えますが、上位人気馬は枠に関係なく勝利しています。

しかし、6番人気以下の馬券圏内10頭のうち8頭がが5枠から8枠というデータがあります。

人気以上に走る馬は外目の枠に集中していることが分かります。

 

 

レース間隔5週以上が好走

 

レース間隔別データ

間隔 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0 0
2週 0-0-1-5 0.0% 16.7% 0 61
3週 2-2-1-35 5.0% 12.5% 38 37
4週 0-0-1-11 0.0% 8.3% 0 16
5~ 9週 3-4-1-41 6.1% 16.3% 37 38
10~25週 3-4-6-28 7.3% 31.7% 34 109
半年以上 2-0-0-9 18.2% 18.2% 171 62

 

馬券圏内30頭のうち23頭がレース間隔が5週以上の馬ですが、これでは該当馬が多すぎ。

回収率に注目すると、10~25週の複勝回収率が高いことが分かり、穴っぽい馬が好走しています。

今回このデータに該当するのは以下の5頭です。

 

ウキヨノカゼ

オールザゴー

ムーンエクスプレス

ヤングマンパワー

ロザギガンティア

 

 

以上、本日は関屋記念の過去10年のデータから人気、年齢、枠番、レース間隔のデータに注目してみました。

まとめると

 

■上位人気馬が優勢

■4歳馬の好走率が高い

■前走6着以下の5歳馬が好走

■外目の枠が高回収率

■5~25週間隔が好走

 

といったところでしょう。

 

 

今回、データ予想班の軸馬は、余程のことが無い限り以下の1頭で決定です。

 

軸馬 → 人気ブログランキングへ

※メートルダールでした

 

キャリア13戦で掲示板を外したのは1回(6着)と安定感は抜群。

前走は初のマイルでしたが、唯一58kgを背負って一蹴しました。

オッズ次第では単勝でもよし。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。