データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2017年競馬予想 > 【2017ユニコーンステークス】枠順確定後の最終結論

【2017ユニコーンステークス】枠順確定後の最終結論

 

こんにちは、データ予想班です。

本日は2017ユニコーンステークス予想の最終結論を出します。

過去10年のデータでは、10番人気以下の馬は【0-0-1-67】ということで、人気薄が激走する重賞レースではないと判断し、今回は実質9頭立てのレースと考えます。

枠順が確定し、リエノテソーロは2枠4番、サンライズノヴァは4枠8番、サンライズソアは8枠15番ということで、内・中・外バラバラになりました。

その辺りのデータも考慮に入れながら、馬券予想の最終結論を出します。

 

ゴールドドリーム

昨年の優勝馬ゴールドドリーム

 

 

2017 ユニコーンステークス 最終結論

 

 

枠順が確定したので、まずはその見解から。

東京ダート1600mは基本的に外枠有利と言われています。

スタート地点の芝が外枠の方が長いためですね。

OP特別以上のレースの枠番データを見てみましょう。

 

枠番別データ(過去5年)

枠番 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 1-3-3-48 1.8% 12.7% 12 43
2枠 4-2-8-44 6.9% 24.1% 20 77
3枠 3-4-3-53 4.8% 15.9% 31 56
4枠 4-3-6-50 6.3% 20.6% 52 55
5枠 6-4-4-52 9.1% 21.2% 93 63
6枠 7-3-3-53 10.6% 19.7% 119 58
7枠 5-7-4-50 7.6% 24.2% 563 117
8枠 3-7-3-53 4.5% 19.7% 37 82

 

単勝回収率に着目すと非常に分かりやすいですね。

内枠から外枠に向かって高くなっており6、7枠でピークになりますが、8枠の複勝回収率もそれほど悪くありません。

もともと上位人気馬が好走しやすいレースであるため、人気馬が内枠に入ったら注意しようね、くらいでいいかと思います。

 

今回、その注意しなければならない1頭に当選した馬は、NHKマイル2着から参戦のリエノテソーロですね。

過去10年のデータでは

前走がNHKマイル【0-0-1-12】

牝馬【0-1-2-17】

馬体重460kg未満【1-0-1-17】

前走10番人気以下【0-0-1-35】

と苦戦傾向であり、ポジティブに捉えられるのは1番人気が【5-3-0-2】というデータくらい。

データ的には危険な人気馬という要素が満載です。

 

 

枠順で最も恵まれたのはサインライズソアです。

勝率が低い8枠ですが、内の2頭がスタートが遅い馬なので難なく好位外目を追走できるでしょう。

前走の青竜ステークスでも8枠14番でした。

このレースは46.8-49.4秒という前傾ラップでしたが、それを好位から押し切る強い内容

 

 

この青竜ステークスを逃げて3着に粘ったシゲルベンガルトラも要注意です。

しかし、過去10年でキャリア10戦以上の馬は【0-0-1-20】で、今走で14走目の同馬は使われ過ぎ感があります。

 

 

また、同レースで上り35.4秒の脚を使って3着だったハルクンノテソーロですが、こちらは最悪の1枠。

過去10年で1枠は【0-1-1-17】で、馬券に絡んだ2走はいずれも先行馬。

この枠で先行できなければ好走は困難ですが、過去4走のデータを見る限りは中団やや後方の位置取りになりそうです。

 

鳳雛ステークスで1番人気ながら4着敗退のサンライズノヴァは、可もなく不可もなくの4枠8番。

このレースは逃げた4番人気メイショウラケーテが最下位に敗れる、先行勢には厳しいペースでした。

この展開不利の流れで先行し0.1秒差の4着は評価に値するでしょう。

過去10年で距離短縮は【7-5-5-50】で好成績を収めており、この馬にとってはプラス。

今年、同コースで複勝率43.2%をマークしている戸崎圭太騎手への乗替りもプラス材料です。

 

 

この鳳雛ステークスで2番人気で3着のウォーターマーズは7枠13番。

脚質的にはあまり枠は気にならない馬ですが、直近3走で全て上り最速をマークしている末脚は必見で、東京コースは楽しみな馬です。

今週の坂路で自己ベストをマークしているように状態は上向きです。

前走でサンライズノヴァに先着している点を考慮すれば、オッズ的にはおいしい一頭かもしれません。

 

 

前走500万クラスを勝利したアンティノウスもそこそこ人気していますね。

ノンコノユメ(15年1着)ストロングバローズ(16年2着)の鞍上ルメール騎手での挑戦という意味を考えたいところです。

前走は格下のレースでしたが、2着に0.7秒差をつける圧勝でした。

このレースで0.8秒差で3着のサンチェサピークが、次走の青竜ステークスでサンライズソアと0.5秒差の4着ということを考慮すると、この馬のパフォーマンスは決して低くありません。

過去10年で500万下クラスからの参戦は【1-1-2-43】と厳しいデータではありますが。

 

 

同じ500万下クラスからのサヴィラユロットは同じ3枠に。

格下クラスからの参戦のうえ、距離延長組は【1-3-1-38】で、やや厳しいデータ傾向にあります。

前走、サヴィは勝ちっぷりが豪快でしたが、ハイペースに恵まれた感が強い。

ラユロットは鞍上ルメールから杉原騎手へのチェンジですが、やはりこの馬を選ぶのであればルメール騎乗のアンティノウスでしょうか。

 

 

以上、(推定)上位人気馬9頭の見解でした。

データ予想班では、この中から3頭をチョイスし勝負したいと思います。

 

1頭目 → サンライズソア

 

2頭目 → サンライズノヴァ

 

3頭目 → 人気ブログランキングへ

※ウォーターマーズでした

 

 

馬券は馬連、ワイドのBOXで計6点です。

 

 

<PR>

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「7割獲れて万券も獲る」
 プロの予想を4週間も無料提供!
  【 1日1鞍の渾身予想 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━
6/3 鳴尾記念 1万4460円的中

6/3 阪神9R 1万0150円的中

5/28 日本ダービー1万1870円的中

5/28 京都11R 3万1280円的中

5/27 京都9R  1万7780円的中

→→1日1鞍の渾身予想を見る方法!←←

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。