データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2017年競馬予想・回顧 > 【2017日本ダービー】回顧~本命スワーヴリチャード2着だが、対抗サトノアーサー10着で撃沈 | 安田記念の注目馬 

【2017日本ダービー】回顧~本命スワーヴリチャード2着だが、対抗サトノアーサー10着で撃沈 | 安田記念の注目馬 

 

こんにちは、データ予想班です。

今回は2017日本ダービーの回顧安田記念の注目馬について書いていきます。

オークスのソウルスターリングに続き、ルメール&藤沢厩舎がレイデオロでG1を2連勝という素晴らしい結果で幕を閉じました。

データ予想班は本命にスワーヴリチャード(2着)でしたが、対抗サトノアーサー(10着)で派手に外してしまいました。

しかし、予想が無になる喪失感に浸っていても何も始まりません。

「反省と改善」ということで、今回は日本ダービーの回顧とともに、安田記念の注目馬を発表したいと思います。

 

レイデオロ

第84回 日本ダービーを制したレイデオロ

 

 

2017日本ダービー回顧

 

 

データ予想班の推奨馬

 

 

本命:スワーヴリチャード 2着

対抗:サトノアーサー 10着

単穴:ベストアプローチ 9着

 

レースは1000m通過が63.2秒という、過去10年でも最も遅い超スローペースでした。

不良馬場での2011年のダービーの1000m通過が62.4秒ですから、相当遅いことが分かります。

6F-6Fのタイムが75.7ー71.2秒で後半が4秒以上速く、ラスト3Fが11.5-10.9-11.4秒という、究極の瞬発力勝負でした。

 

敗因の一つはこの”超スローペース”です。

 

マイスタイル、クリンチャー、トラストなどの先行馬が内枠寄りだったことで、レースは比較的流れると予想したことが敗因ですね。

本命にあげたスワーヴリチャードは理想的なポジションで、一瞬勝ったかと思いましたが。

 

誤算はサトノアーサーが大外アドミラブルより外を回って4コーナーを通過したことです。

これでは恐らく32秒台の上りじゃないと届きません。

 

少数頭の毎日杯で最後方から大外回してアルアインに届かなかった、その反省を生かしてインと突いてくると予想したのですが…

おそらくカデナの馬券を勝った人も同じような思いを抱いているのではないでしょうか。

 

この超スローペースを読んで、レイデオロを向正面で無理に脚を使うことなく先団まで押し上げていったルメール騎手の手腕は流石の一言に尽きます

神騎乗とはこのこと。

2コーナー14番手通過から3コーナー通過が2番手通過ですからね。

 

そのルメール騎手を見て、同じように押し上げていったペルシアンナイト騎乗の戸崎騎手も評価には値すると思います。

あそこで何もしなければ7着より下位に沈んでいた可能性もあったのではないでしょうか?

皐月賞では向上面で押し上げての2着ですがら、今回この馬は距離が長すぎたのでしょう。

次走はマイル路線での出走ですかね。

 

もう一つの敗因は大外アドミラブルを軽視してしまったこと。

皆さんもご存じの通り8枠は過去10年で【0-1-0-28】というデータを重視し過ぎました。

また、2ヶ月で2400mを3戦するというローテーションもマイナス要因と捉えてしまいました。

そういう意味では18頭の中で最も強い競馬をしたのはアドミラブルだと言っても過言ではありません。

おそらく次走ではかなり人気すると思いますが、軽視は禁物ですね。

 

 

今後に向けて

 

今回の日本ダービーも然り、痛感したのは「どのデータを重視するか」の重要性です。

例えばレイデオロ。

皐月賞で上り最速の馬は3年連続勝利というデータを重視すれば、違った結果になっていたかもしれません。

一概にそう言えないのは、ルメールがあの場面で押し上げていったことは、今の私の予想力では予想し得ませんから。

これからは、どのデータを重視するのか、その根拠を含めて書いていければと思います。

 

 

2017安田記念の注目馬

 

 

気合を入れ直して2017安田記念の予想へ。

過去10年間で馬券に絡んだ30頭のうち、前走で馬券圏外だった馬は10頭です。

そのうち8頭が「前走5番人気以内」に支持された馬という共通点があります。

今回の特別登録馬の中で、このデータに該当する馬は以下の4頭です。

 

アンビシャス

サトノアラジン

ダッシングブレイズ

ブラックスピネル

 

データ予想班がこの4頭の中で穴馬として考えている馬をランキングで記載しております。

 

こちら → 人気ブログランキングへ

※ブラックスピネルでした

 

あくまで現時点での予想オッズからの判断ですが、かなり人気を落としているようですね。

馬場とタイム差を考慮すれば、これは嫌われ過ぎです。

このままのオッズで本番を迎えるようであれば穴候補としては妙味ありです。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。