データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2017年競馬予想 > 【2017日経賞】予想~過去10年のデータ分析

【2017日経賞】予想~過去10年のデータ分析

 

こんにちは、データ予想班です。

本日は2017日経賞の予想記事を書きます。

今週はドバイワールドカップや高松宮記念で大忙しの競馬ファンが多いのではないでしょうか。

しかし、この日経賞も忘れてはいけませんよ。

ゴールドアクターとディーマジェスティのG1馬2頭に、G2大将のアドマイヤデウス、菊花賞2着のレインボーラインなどの好メンバーが揃いました。

データ予想班では、阪神で開催された2011年を除く過去10年分のデータ分析によって、馬券予想のヒントを探っていきます。

 

ネコパンチ

2012年 12番人気で勝利したネコパンチ

 

 

日経賞 過去10年のデータ分析

 

 

上位人気馬が堅実 中波乱程度は想定

 

人気別成績

人気 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 4-1-2-3 40.0% 70.0% 81 81
2番人気 1-2-1-6 10.0% 40.0% 33 53
3番人気 1-1-2-6 10.0% 40.0% 51 69
4番人気 2-1-1-6 20.0% 40.0% 121 86
5番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 0 26
6番人気 1-1-1-7 10.0% 30.0% 110 104
7番人気 0-1-2-7 0.0% 30.0% 0 132
8番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0% 0 86
9番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 0 70
10番~ 1-1-0-41 2.3% 4.7% 388 58

 

上位人気馬、特に1番人気馬が4勝し複勝率も7割で信頼度は高いです。

単勝オッズが一桁台の馬が8勝しており、大荒れはあまり期待しない方がよいでしょう。

また、2~7番人気馬の複勝率にそれほど差が無く、中波乱程度は想定しておいた方が無難です。

現時点での上位人気馬の予想オッズは以下です。

 

ゴールドアクター 1.8

レインボーライン 4.8

シャケトラ 5.1

ディーマジェスティ 6.2

アドマイヤデウス 12.7

ツクバアズマオー 17.9

※ネット競馬さん参照

 

 

前走距離2000m以下は苦戦傾向

 

前走距離別成績

前走距離 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1400~1600m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0 0
1700~2000m 1-0-2-29 3.1% 9.4% 15 27
2100~2400m 4-6-4-35 8.2% 28.6% 51 98
2500m~ 5-4-4-38 9.8% 25.5% 346 76

 

前走レースの距離が2000m以下の馬の好走が少なく、回収率もかなり悪いですね。

今回の出走馬で前走2000m以下の馬はフェルメツァ、レコンダイト、ナスノセイカン、ツクバアズマオーの4頭が該当します。

それでは具体的にどのようなローテーション馬が好走しているのか見てみましょう。

 

 

前走がG1、G2の馬が狙い目か

 

前走レース別成績

前走レース 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
有馬記念 4-3-1-6 28.6% 57.1% 67 87
アメリカJCC 2-1-2-13 11.1% 27.8% 98 66
ジャパンC 1-1-0-0 50.0% 100.0% 100 540
ダイヤモンドS 1-0-2-15 5.6% 16.7% 928 106
日経新春杯
1-0-1-5 14.3% 28.6% 77 81
白富士S 1-0-0-2 33.3% 33.3% 170 50
京都記念 0-4-1-8 0.0% 38.5% 0 151
御堂筋S 0-1-0-2 0.0% 33.3% 0 136
中山記念 0-0-1-8 0.0% 11.1% 0 60
ステイヤーズS 0-0-1-3 0.0% 25.0% 0 85
小倉大賞典 0-0-1-0 0.0% 100.0% 0 190

 

レース名が赤字になっているのがG1、G2レースです。

やはり格上の有馬記念やジャパンカップからのローテ馬はきっちり結果を出しています

京都記念組も勝ち星はないものの複勝回収率が高く、反対にダイヤモンドS組はあまり信頼できません。

(大穴ネコパンチの勝利で回収率は高くなっています)

 

 

以上、本日は日経賞の過去10年分のデータから人気、前走距離、前走レースに注目してみました。

ゴールドアクターはデータからも人気を背負って当然の一頭ですが、いかんせんオッズ的に妙味がありません。

やはりオッズ的にオイシイ穴馬を狙いたい。

ということで、今回データ予想班が穴馬として推奨する馬はこちらです。

 

穴馬 → 人気ブログランキングへ

※ミライヘノツバサでした

 

そう、中山専用機とも呼べるこの馬。

前走の内容が優秀で、緩みがないペースで差し馬が有利な展開でしたが、この馬だけが唯一先行して粘り込みました

鞍上の影響によりオッズが下がる可能性はありますね。

ですがこの鞍上、今年は単勝回収率281%、複勝回収率は106%で乗れているんです。

ペース次第では一発あっても不思議ではありません。

 

 

<PR>

 

ホースメン会議:高松宮記念300_250

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。