データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2017年競馬予想・回顧 > 【2017日経新春杯】予想~過去10年のデータ分析&シンザン記念の回顧

【2017日経新春杯】予想~過去10年のデータ分析&シンザン記念の回顧

 

こんにちは、データ予想班です。

本日は2017日経新春杯の予想記事を書きます。

過去10年の3連単平均配当は11万円超で、荒れる傾向が強いハンデ重賞ですね。

記事の後半で触れますが、データ予想班では先日のシンザン記念に穴馬としてキョウヘイを挙げながら的中できなかった悔しさを、何としてもこのレースで荒らしたいと意気込んでおります。

本日は過去10年のデータ分析によって傾向を読み解き、馬券予想のヒントを探りたいと思います。

 

%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b4%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab

昨年の優勝馬レーヴミストラル

 

 

日経新春杯 過去10年のデータ分析

 

 

上位人気馬が拮抗、下位人気馬の激走も

 

人気別成績

人気 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 1-4-1-4 10.0% 60.0% 16 82
2番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 150 78
3番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0% 70 74
4番人気 0-1-4-5 0.0% 50.0% 0 118
5番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 82 23
6番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 121 48
7番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0% 0 48
8番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0% 0 41
9番人気 0-0-1-9 0.0% 10.0% 0 91
10番~ 2-1-2-48 3.8% 9.4% 107 96

 

まず、1番人気が1勝のみで勝ち切れておりません。

それに比べて10番人気以下の馬の複勝率が9.4%で比較的高いです。

2016年全レースを対象にした10番人気以下の複勝率は4.5%ですからね。

単勝オッズで見てみると、100倍以上の馬は【0-0-1-32】なので、超大穴を狙う必要は無いと言えます。

 

 

馬券の中心は4~5歳が中心

 

年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
4歳 5-4-3-20 15.6% 37.5% 143 103
5歳 3-4-4-23 8.8% 32.4% 40 158
6歳 1-1-3-23 3.6% 17.9% 122 72
7歳 1-1-0-28 3.3% 6.7% 23 14
8歳 0-0-0-13 0.0% 0.0% 0 0

 

4~5歳が馬券の中心で複勝回収率がともに100%以上であることも特徴です。

この世代の馬は、たとえ人気薄でも出走表をガン見してチェックしておいた方が良さそうです。

7歳以上の高齢馬には厳しい傾向が表れていますね。

 

 

軽ハンデの人気薄には注意が必要か

 

斤量別成績

斤量 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
~49kg 1-0-0-2 33.3% 33.3% 1146 206
49.5~51kg 0-0-2-10 0.0% 16.7% 0 230
51.5~53kg 1-0-3-26 3.3% 13.3% 76 90
53.5~55kg 4-5-0-42 7.8% 17.6% 53 41
55.5~57kg 3-5-3-25 8.3% 30.6% 41 70
57.5~59kg 1-0-2-8 9.1% 27.3% 14 39

 

サンプル数は少ないので参考までのデータですが、斤量53kg以下で馬券に絡んだ7頭のうち5頭が9番人気以下の馬でした。

軽ハンデの人気薄の馬はチェックしておいた方が良いかもしれません。

やはり、本命はそれなりの斤量を背負った馬と言えるでしょう。

 

 

内~中枠に有利な傾向か、それとも

 

枠順別成績

枠番 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 4-1-0-10 26.7% 33.3% 251 88
2枠 1-0-2-12 6.7% 20.0% 80 66
3枠 2-1-1-11 13.3% 26.7% 65 83
4枠 0-2-2-12 0.0% 25.0% 0 43
5枠 1-0-1-18 5.0% 10.0% 172 76
6枠 1-4-0-15 5.0% 25.0% 16 40
7枠 0-1-3-17 0.0% 19.0% 0 113
8枠 1-1-1-18 4.8% 14.3% 18 103

 

1枠が4勝しており、一見内枠が有利なように見えますが、もう少し慎重に見る必要があります。

1枠の平均人気が5.2に対し、8枠の平均人気は8.6です。

1枠だから人気したのか、人気馬が1枠に集中したのかは定かではありませんが、安易に内枠=有利だと決めつけるのは危険ですね。

当然、多頭数の外枠は割り引いて考える必要がありますが、これは当日の馬場状態から判断するべきでしょう。

 

 

以上、日経新春杯の過去10年のデータを分析してみました。

枠順も斤量も確定前ですが、現時点でデータ予想班が穴馬として面白そうだなと考える1頭をランキングで発表しております。

 

穴馬 ⇒ 人気ブログランキングへ

※ヤマカツライジンでした

 

馬場状態や枠順によっては、おそらくそれほど人気しないであろうこの馬を狙いたいですね。

前走では必要以上にスローに落とし過ぎて、結果的に瞬発力勝負で負けてしまいました。

単騎逃げで前残りの展開になれば非常に面白そうです。

 

 

2017 シンザン記念の回顧

 

結果から申し上げると、穴馬にキョウヘイを挙げながら馬券は不的中…

なんてこった。

実際に購入した馬券は3連複の5頭BOXした。

 

ペルシアンナイト(3着)

アルアイン(6着)

トラスト(4着)

キョウヘイ(1着)

イエローマジック(12着)

 

乗り替わり+外枠ということでタイセイスターリーを外してしまった…

そして色気を出して、過去4勝している浜名騎手のイエローマジックを購入してしまった…

 

一発KOを狙ってカウンターを喰らった気分ですよ。

 

前回の記事でタイセイスターリーに関して「一変しても不思議ではない」と書いておきながら恥ずかしい結果に。

反省。

 

レースは前後半で47.1-50.5秒というハイペースの展開で、前に行った馬はかなり厳しい展開でした。

キョウヘイに関しては、前走で重馬場+スローペースという展開で後方から追い込んだ内容を評価しておりましたので、同レース1着のアルアインの単勝3.6倍というオッズと比べて明らかに過小評価(単勝27.4倍)という読みでした。

同じような展開が見込まれるレースがあれば次も狙ってみたい馬ですが、次は人気してしまうかもしれませんね。

 

反対に6着に敗れたアルアインに関しては、直線でメイショウゾウビに不利を受けた結果、最後は十分に追えないままでした。

次走で人気しないようであれば、この馬も再度狙ってみてもよいと思います。

 

馬券は的中できませんでしたが、何となく手応えのようなものを感じることもできた一戦でした。

次の勝負レース「日経新春杯」も頑張ります!

 

 

<PR>

 

ある競馬データを使うだけで、 アホみたいに的中を量産させる もはや予想の必要がなくなる

 

↓   ↓   ↓

 

新しい競馬攻略法が完成しました

 

↓ おったまげる程の成績 ↓

 

※無料で使えます※

 

これさえあれば競馬予想は必要なし!

 

なぜなら…

 

★競馬データを見て条件にはめるだけで、  

レース、買い目1分足らずで絞れます。

 

その上、的中の精度は異次元のものです。  

馬単なら50%以上的中させる事ができます。

 

★また、誰がやっても同じ結果になるので、  

予想が失敗するリスクは0

 

★更には、穴馬も捕える事ができるので、  

10万、20万馬券はざらに的中可能です。

 

もはや、競馬予想ではなく、 ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

 

なぜ?

 

馬単50%の異常な的中

 

が出せるのか?

 

なぜ?

 

競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?  

 

▽  その理由は・・・ ▽   

 

様々な情報を一つにまとめて、馬の強さを分析しているから。

 

これほど中身の濃い競馬データは、 どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを 完全に圧倒しています。

しかも扱い方は簡単。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

競馬素人の方が実践一ヶ月目で いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

 

この競馬データは、 『全ての競馬ファンによって必要なデータ』 使ってすぐにそう実感できるでしょう! ↓↓↓

 

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。