データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2016年競馬予想・回顧 > 【2016チャンピオンズカップ】回顧~サウンドトゥルーの末脚が炸裂

【2016チャンピオンズカップ】回顧~サウンドトゥルーの末脚が炸裂

 

本日は2016チャンピオンズカップの回顧をしていきます。

データ予想班の最終結論は本命アウォーディー、対抗ノンコノユメ、単穴アポロケンタッキーでしたが、ノーマークのサウンドトゥルーが1着で馬券は外れ。

これで国内のG1レースは阪神JF、朝日FS、有馬記念の3つとなりました。

これまでの予想を含めて足りなかったことは、レース後の詳細な復習だと痛感しております。

予想が外れて「次は頑張るぞー」だけでは当然勝てませんよね、反省。

ということで、今回はチャンピオンズカップはどのようなレースの中身だったのかを振り返ってみたいと思います。

 

%e6%a4%9c%e8%a8%bc

 

 

2016 チャンピオンズカップ 回顧

 

■レースラップ

12.7-10.7-12.9-12.5-11.8

11.8-12.4-12.3-13.0(1分50秒1)

 

レースは1000m通過が60.6秒で、昨年の60.2秒、一昨年の62.3秒と比べても特別速いわけではありません。

ポイントは5~6F目に刻んだ11秒台というラップです。

これは3コーナー手前でブライトラインがペースアップしたために生まれた加速ラップです。

この加速によって脚を使わされたコパノリッキー以下、大半の先行馬は最後の直線で馬群に沈むことになります。

これをアウォーディーを勝たせるためのノースヒルズの戦略だったと見る向きも多いですね。

これは確認できる話ではないので何とも言えませんが、速すぎる田辺騎手のスパートを見れば信憑性の有る話です。

結果、大本命のアウォーディーが差し切り勝ちかと思われた瞬間、サウンドトゥルーが鬼脚が炸裂し差し切り勝ち。

メンバー最速の上り3Fを35.8秒はさすがの一言ですが、コーナーでロス無く内を回り直線で外に出す大野騎手の好騎乗の賜物と言えます。

 

 

データ予想班の本命のアウォーディーは負けて強しの内容です。

4コーナーでは好位のまま外を回ることになり、それがロスになった可能性はあるものの、インを選択すれば下がってきた先行勢の不利を受ける可能性もあったので仕方ありません。

直線で末脚を爆発させるタイプではないので、早めのスパートでブライトラインが作った流れに乗っての2着はさすがで、勝ったサウンドトゥルーの脚を褒めるしかありません。

 

対抗のノンコノユメは、コーナー通過順位が10-11-13-13ということから考えると、コーナーでの加速に不安のある馬でしょうか

鞍上のムーアの手は動いているものの、3~4コーナーの加速ラップについていけずに直線へ。

内を突き伸びているものの時すでに遅しの6着。

走破タイムや上りのタイムは昨年とほぼ同じあることから、去勢の影響というよりは、ペースが上がった際についていけなかったことが敗因だと考えます。

コーナー2つの東京ダート1600mがベストだと思うので、そこで再度狙いたいです。

 

単穴のアポロケンタッキーは、もう少し前目で競馬をすると思っていましたが、後方から。

中京ダート1800mはスタート地点が上り坂の途中に設定してあり、これがテンのスピードが出なかった原因でしょうか。

最後の直線は伸びているものの、同位置にいたサウンドウルーやカフジテイクに比べると物足りない動きです。

内枠で先行できるようなメンバー構成のレースでは再度狙ってみたい1頭です。

 

 

レースを通して最も印象に残った馬は3着のアスカノロマンです。

1~6着までの馬で先行して馬券圏内を確保したのはこの馬とアウォーディーだけです。

ブライトラインが加速した際に付いていかず、内で脚をためるという和田騎手のファインプレーも有りますが、この馬の持久力は確かなものがあります

前走のみやこステークスでは14着と大敗ですが、2番人気ということを考えれば馬券候補として十分有り得る馬です。

平安ステークスではハナを切って圧勝ですし、アンタレスステークスではアウォーディーに次ぐ2着です。

こういう人気薄の実力馬こそ穴馬としてピックアップするべきですね。

次走はある程度人気してしまうでしょう。

大反省です。

 

 

振り返ってみて痛感するのは、やはりデータ分析というのは客観的なように見えて、盲点が多いということ。

今回の例ではアスカノロマンがそうであったように、過去10年のデータで(JDCを含め)前走が2桁着順だった馬は【0-0-0-14】です。

しかし、アスカノロマンは前走14着でしたが、馬体重が10kg増えており、そこに再考する余地はあったはずなので。

過去のレース傾向から見えてくるのは、ある程度のヒントであるということを割り切り、今後に生かしたいと思います。

 

 

ということで、来る12月11日はG1阪神ジュベナイルフィリーズですね。

冷静に分析し、馬券を仕留めたいと思います。

現時点でのデータ予想班の推奨馬はランキングに発表しております。

 

推奨馬 → 人気ブログランキングへ

 

ウォッカ、ブエナビスタ、アパパネなどの名牝が誕生したレース。

来年の牝馬クラシックを占う意味においても最重要の一戦です。

レースまでの約1週間、丁寧に分析を重ねます。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。