データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2016年競馬予想・回顧 > 【2016ジャパンカップ】予想~過去10年のデータ分析&マイルチャンピオンシップの回顧

【2016ジャパンカップ】予想~過去10年のデータ分析&マイルチャンピオンシップの回顧

 

こんにちは、データ予想班です。

本日は2016ジャパンカップの予想記事を書きます。

”世界に通用する馬づくり”を目的として、日本で初めて国際G1レースとして創設されたジャパンカップですが、外国馬が馬券に絡んだのは2006年まで遡ります。

今回の特別登録馬には外国馬は3頭のみで、一部では国際G1レースという存在意義さえ問われていることも現実です。

しかし、開催される限りは一生懸命予想し、楽しみ、馬券を的中させたいと思うのが競馬ファンの想いでもあります。

そんな想いに応えるべく、データ予想班では過去10年のデータ分析から馬券予想のヒント探っていきたいと思います。

また、記事の後半では、先日のマイルチャンピオンシップの回顧をしていきます。

(馬券的中しました!)

 

%e3%83%96%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%83%93%e3%82%b9%e3%82%bf

2011年ブエナビスタでJCを勝利し雄叫びをあげる岩田騎手

 

 

ジャパンカップ 過去10年のデータ

 

 

上位人気馬の信頼度は高い

 

人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 3-3-2-2 30.0% 60.0% 80.0% 70 97
2番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0% 34 58
3番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0% 66 68
4番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0% 269 92
5番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0% 109 45
6番人気 0-1-2-7 0.0% 10.0% 30.0% 0 110
7番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0% 0 89
8番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0% 0 53
9番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0% 410 71
10番~ 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

 

まず第一に、1番人気馬の複勝率が80%と高いです。

そして、馬券圏内であった30頭のうち21頭が5番人気以内で「上位人気馬の信頼度は高い」と言えます。

netkeiba.comさんの予想オッズは現時点で以下のようになっています。

 

キタサンブラック 3.8

リアルスティール 3.8

ゴールドアクター 4.1

ディーマジェスティ 5.7

シュヴァルグラン 7.5

 

上記5頭が全て馬券圏外に消えるということは考えられません。

それだけ馬券購入者の総意を反映しているオッズという要素は”ある程度”信頼できるものと考えています。

”ある程度”と書いたのは、中にはある要因(マスコミや世論など)によって実力以上に人気する馬がいたり、またその逆もケースもあるためです。

そんな「危険な人気馬」や「人気薄の実力馬」を探すことが期待値が高い馬券予想をするということで、データ予想班の予想理念でもあります。

(大袈裟ですいません)

先日のマイルチャンピオンシップでは3頭(ミッキーアイル、ロードクエスト、ヤングマンパワー)を「危険な人気馬」と予想しましたが…

結果は記事後半で。

 

 

先行馬が意外にも検討

 

脚質別成績

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
逃げ 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
先行 3-3-4-30 7.5% 15.0% 25.0% 54 87
中団 7-4-4-59 9.5% 14.9% 20.3% 99 65
後方 0-2-2-38 0.0% 4.8% 9.5% 0 29
マクリ 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0% 0 60

 

東京コースは後方からの末脚勝負というイメージを持っている方は少なくないと思いますが、先行馬が3勝し複勝率も25%と悪くありません

近年ではエピファネイア(2014年)やジェンティルドンナ(2013年)の先行策での優勝が記憶に新しいですね。

さすがに逃げ馬は惨敗傾向ですが、そもそも人気を背負ったケースが少なく、逃げ馬=危険と判断するのは安直です。

また、後方一気は決まりづらく、4コーナーを7番手以内で通過した馬が9勝しており、勝つためにはある程度前の位置を確保することが必要です。

 

 

以上、本日は過去10年のデータから人気、脚質に注目してみました。

一つ気を付けなければならないのは、様々な点で過去傾向が変化してきているということです。

例えば、ローテーションにおいて「天皇賞秋→ジャパンカップ」というのは王道路線でしたが、今回の登録馬で天皇賞秋からはリアルスティールとルージュバックの2頭だけです。

こういった背景は、馬主、生産者、厩舎の考え方が多様化した結果であり、海外挑戦が活発になったことがその代表例だと思います。

今回の例では、過去10年で京都大賞典組は【0-0-0-9】と惨敗傾向ですが、一面的なデータで安易にキタサンブラック等を消しては危険だということです。

 

 

データ予想班の推奨馬はいつも通りランキング内で公開中です。

 

 推奨馬  ⇒  

 

 

2016 マイルチャンピオンシップ 回顧

 

データ予想班の最終結論は以下でした。

 

◎ イスラボニータ(2着)

○ フィエロ(6着)

▲ サトノアラジン(5着)

× サトノルパン(18着)

★ マジックタイム(8着)

△ ネオリアリズム(3着)

 

馬券は◎○→▲×★△ 3連単2軸マルチ(外れ)

ワイド◎△(的中)

 

ミッキーアイルの斜行については、それを含めての予想だと思いますので、ここでは言及しません。

反省点は、同馬がマイルのG1では逃げ切れないと予想したことです。

一つ良かった点は、ミッキーアイルが作ったペースで持久戦になった場合、2000mでモーリスに先着しているネオリアリズムに利があると判断し、イスラボニータとのワイドを1点購入したとこです。

2014年のレースでミッキーアイルが通過した1000mのタイムは56.7秒で、結果は13着。

対して今回の1000m通過タイムが57.5秒ですから、おそらくミッキーアイルが最後まで大幅に減速しないギリギリのラップではないでしょうか。

そういう意味においては、浜中騎手の好騎乗だったと言えます。

 

◎のイスラボニータは、昨年出遅れながらも3着を確保しており、マイル戦がベストな条件だと、期待通りの結果でした。

スローの瞬発力勝負でも、持久力勝負でも対応できる馬ですし、その力を100%引き出すことのできる鞍上ルメールはさすがの一言。

 

○のフィエロは、最後の直線でイスラボニータに進路をカットされる形で、外に出すタイミングが一瞬遅れたのは致命的でした。

7歳馬ということもあり、反応が鈍っている可能性もあるかもしれません。

 

▲のサトノアラジンは「大外一気の馬なので内枠は厳しいのでは」との声も多かったのですが、運が無かったというしかありません。

最後の手応えは十分だったので、川田騎手は最高の騎乗をしたと思います。

 

×のサトノルパンは最後の直線を待たずして手応えナシ。

鞍上デムーロのファインプレーに期待しましたが、やはり1600mは長かったですね。

 

★のマジックタイムは、後方からの競馬で見せ場なく終了。

京都コースで4コーナーを16番手通過は厳しく、末脚を存分に使える直線の長い東京や新潟が向いるのでしょう。

 

△のネオリアリズは、ミッキーアイルが作った速い流れを2番手追走し3着を確保しました。

瞬発力勝負では分が悪いですが、持久力勝負であればマイルで通用するこを証明し、これは鞍上ムーアの好騎乗の成果でもあります。

 

以上、マイルチャンピオンシップの回顧でした。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。