データ予想班の競馬予想ブログ
*
データ予想班の競馬予想ブログ > 2016年競馬予想・回顧 > 【2016エリザベス女王杯】予想~過去10年のデータ分析&アルゼンチン共和国杯の回顧

【2016エリザベス女王杯】予想~過去10年のデータ分析&アルゼンチン共和国杯の回顧

 

本日は2016エリザベス女王杯の予想記事を、過去10年のデータ分析を中心に書きます。

昨年の勝ち馬で宝塚記念を制したマリアライト、オークスと秋華賞の2冠を達成したミッキークイーンをはじめ、日本トップクラスの牝馬が集結します。

最も強く記憶に残っているのは2009年のレースで、逃げたクイーンスプマンテ(11番人気)とテイエムプリキュア(12番人気)が断然1番人気のブエナビスタの猛追をかわし、3連単は154万超でした。

やはり競馬は何が起こるか分かりませんし、今年は後方脚質の有力馬が揃ったことで、大波乱が起きても不思議ではありません。

データ予想班では、過去10年のデータから傾向を探り、馬券予想のヒントを探っていきます。

 

%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%86

2009年 逃げたクイーンスプマンテとテイエムプリキュア

 

 

エリザベス女王杯 過去10年のデータ

 

 

上位人気馬が優勢、1番人気の複勝率は8割

 

人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 2-4-2-2 20.0% 60.0% 80.0% 46 98
2番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0% 39 100
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0% 68 40
4番人気 2-0-3-5 20.0% 20.0% 50.0% 217 118
5番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0% 0 83
6番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0% 152 117
7番人気 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0% 492 89
8番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
9番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番~ 1-1-0-77 1.3% 2.5% 2.5% 97 45

 

複勝率は1番人気が断然のトップですが、勝ち星は上位人気馬で拮抗しています。

先述した2009年のレース以外は全て7番人気以内での決着であることから、やはり本命サイドの決着でヒモ荒れを狙う戦略がよいと思います。

現時点での単勝の予想オッズ上位5頭は以下です。

 

マリアライト 2.5

ミッキークイーン 2.9

タッチングスピーチ 5.2

クイーンズリング 7.2

パールコード 9.3

 

 

枠順より脚質に注意

 

過去10年の枠順別成績では8枠が【4-2-1-10】でトップでしたが1~6枠でそれぞれ1勝ずつしており、枠順による有利不利は殆どないと言って差し支えないでしょう。

それよりも注意したいことは脚質別成績であり、逃げ・先行脚質の回収率の高さは高配当を狙ううえでポイントになってきます。

 

脚質別成績

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
逃げ 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0% 790 152
先行 2-6-1-29 5.3% 21.1% 23.7% 103 114
中団 6-3-7-56 8.3% 12.5% 22.2% 83 49
後方 0-1-1-43 0.0% 2.2% 4.4% 0 11
マクリ 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3% 0 36

 

逃げ馬の1頭は名牝ダイワスカレーットであること、そして逃げ馬の殆どが大敗していることを考慮すると、現実的に狙うのは逃げ馬の一発よりも先行馬です。

また、非常に興味深いデータとしては「前走の脚質」であり、前走の上り3Fがメンバー最速だった馬の成績は【1-0-3-22】と思いのほか不振傾向です。

 

 

若い世代が優勢

 

年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
3歳 5-4-3-41 9.4% 17.0% 22.6% 101 50
4歳 3-2-6-39 6.0% 10.0% 22.0% 49 56
5歳 2-3-0-42 4.3% 10.6% 10.6% 212 46
6歳 0-1-1-11 0.0% 7.7% 15.4% 0 181
7歳 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8歳 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

 

3歳馬が最もよく馬券に絡む傾向がありますが、今回の登録馬ではデンコウアンジュパールコードの2頭のみです。

また、5歳馬は勝率4.3%で苦戦傾向にありますが、勝った2頭レインボーダリアとクイーンスプマンテはそれぞれ7番人気と11番人気での激走でした。

 

 

府中牝馬ステークス組には注意が必要か

 

前走レース別成績

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
秋華賞G1 4-3-3-30 10.0% 17.5% 25.0% 113 48
オールカマー 2-1-0-1 50.0% 75.0% 75.0% 550 160
京都大賞典 1-2-0-8 9.1% 27.3% 27.3% 700 334
府中牝馬S 1-0-3-28 3.1% 3.1% 12.5% 71 45
その他 2-4-4-72 2.4% 7.3% 12.2% 13 28

 

出走頭数の多い府中牝馬ステークス組が惨敗しているのは明らかで、しかも同レースで馬券圏内だった全11頭のうち本レースで馬券に絡んだのはディアデラマドレ(3着)の1頭のみです。

これに該当するのは上位人気に推されるクイーンズリングが該当します。

上記の表の「その他」の2勝はスノーフェアリーのものです。

 

 

以上、過去データをまとめるとポイントは4つです。

 

                               

一、上位人気馬を中心に、ヒモ荒れに注意

二、先行馬を中心に、枠順はあまり気にしない

三、若い世代を中心に、5歳馬の伏兵にやや注意する

四、府中牝馬S組は凡走例が多い

                               

 

そして上記の4つのポイントから、データ予想班の推奨馬はこの1頭です。

 

推奨馬 → 人気ブログランキングへ

 

3走前には持久力勝負で2着、2走前は前が詰まり度外視可能、前走は瞬発力勝負で2着。

やはり先行して競馬ができる点が、とくに京都ではストロングポイントだと思います。

最終結論は枠順確定後に出します。

 

 

アルゼンチン共和国杯 回顧

 

データ予想班の最終結論は以下でした。

 

◎ ヴォルシェーブ 3着

○ モンドインテロ 4着

▲ シュヴァルグラン 1着

× アルバート 2着

★ レコンダイト 6着

△ トレジャーマップ 12着

馬券 ◎○→▲×★△ 3連単2軸マルチ(不的中)

 

ある程度スローになることは予想しておりましたが、ここまでのドスローになることは想定外でした。

ラップも12秒台を連発してラスト3Fが11秒台の瞬発力勝負です。

 

1着のシュヴァルグランはエンジンのかかりが遅いという弱点こそあったものの、ラスト3Fを33.7秒で走破しての完勝です。

最後の直線に入ったところでは3着のヴォルシェーブに並ばれるものの、そこからようやくスピードに乗り突き放しました。

初コース、初の左回り、トップハンデを克服し、文句無しの内容だったと思います。

 

2着のアルバートは位置取りの差がそのまま着順に表れた格好です。

6ヶ月半の休み明けでキャリア最高タイの馬体重(前走+12kg)を考えれば、次走のパフォーマンスは更に上がる可能性もあるのでは。

最後の直線ではやや詰まった感じがあったが、再度ヴォルシェーブを抜き返す根性も流石です。

 

本命に推したヴォルシェーブは得意の瞬発力勝負で力負けの3着。

加速力はメンバー随一でしたが、追い抜いたアルバートに抜き返された内容から、使える脚は短いかもしれません。

斤量差を考えるとシュバルグラン、アルバートとは明確な差を感じました。

 

4着のモンドインテロは長く脚を使うタイプで、最も展開が不向でした。

しかし、展開が向いたとは言えないシュヴァルグランやアルバートと比べると、ドスローからの瞬発力勝負になったことが敗因ではなく、単に過剰人気だったのかもしれません。

枠順と斤量差を考えると一線級の馬とは差が有り、直線の短いコースでどうかなといった印象です。

 

結果的に、G1戦線でやってきた格上2頭が(おそらくコンディションは100%でないものの)地力の強さで勝ち切ったという内容だと思います。

波乱は起きず、残念。

穴馬として推奨したトレジャーマップ(12着)、おつかれさまでした。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

データ予想班

コース形態、血統、騎手、枠順、斤量、ラップなどの過去のデータを分析し予想するスタイルです。ただし、レースは生き物であるという視点を忘れず、無機的なデータ分析にならないように心がけております。

スポンサードリンク



PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

自分の予想で競馬を当てまくりたい!

そんな願望がみなさんにもあると思います。
みなさんの予想精度を上げるべく、的中率を上げるべく、

【 うまコラボ 】という【 指数サイト 】が立ち上がりました!

「 うまコラボの簡単な紹介 」と「 指数と結果 」の一部です。

うまコラボ管理人:北条直人(41)

どうやったら的中率が上がるのか。どのデータを汲み取ったら的中率が上がるのか。

貴重なデータと言われていても的中率が下がるのであれば、それはまさしく、いらないデータ。

数年かけて最も的中率を上げることができた厳選した4つのデータを組合せて完成したのが、

北条流指数データ「 コラボ@予想 」

最初は、コラボ@指数上位6位までをBOXで購入することをお奨めします。

■毎週末1R~6Rまでのコラボ@予想は【無料】です。

【提供指数と配当結果】
2017年1月15日(日)




■毎週末7R~12Rまでのコラボ@予想は【有料】です。(月額1,980円だけ)

2017年1月14日(土)



そして、1月14日と15日の1R~12Rまで各券種の的中率はこちらになります。

※一般的に3連単は6頭BOXでも的中率が10%と言われていますが、
コラボ@予想を使うと、このような結果です。(3連単2日で平均30.6%の的中)

2017年1月14日(土)的中率


2017年1月15日(日)的中率


すべてを公開し、数値化して公表しています。

少しでも勝てる確率を高めたいなら見る!

今までの競馬で、コラボ@予想なんて見ない! あなたの自由です。
>>> 無料登録はこちらから。